Match Day

Match Day-改-

No football No life

Match Day 36 水戸戦プレビュー

結局、9月は3勝2敗ということで、せめて2敗の部分を1分1敗くらいにしておきたかったとろこですが、過ぎてしまったことはしょうがない。

 

10月は4試合、内3試合はホームということで、シーズン終盤ですがホームのアドバンテージを活かしながら戦えるのは良い事でしょう。

 

11月の3試合(内、ホームは1試合)でシーズンも終わり。ここを何とか乗り切って最後の最後まで望みを繋げる状態にはしたいですね。

 

 

1.予想布陣

f:id:mexicorange:20181005220122j:plain

 

大宮については一部私の希望も込めてますが(笑)

 

清水よりも富山スタートの方がやっぱり良いかと。

(でも清水出してきそう。それはそれで頑張って欲しいです。)

 

左SHは多分マテちゃんだと思いますけど、ボールポゼッション率は恐らくこっちの方が高くなるんじゃないかと思うんで、バブをスタートにして後半からマテウスという形の方が今節は良いのではないかという気が。

 

余談ですが、水戸の松井を久々に見れるのも地味に楽しみ。 

 

2.予想される展開

新潟戦を確認しましが、水戸は守備時4-4-2、攻撃時に2-3-5みたいな形を取りそう。

 

大宮はご存知の通り守備は同様に4-4-2、攻撃は3-2-5みたいな感じですかね。

 

水戸もボールを持ちたいでしょうけど、総合力とホームだということを考えると、大宮がポゼッション率は上回るんじゃないかなと。因みに前回対戦時は58%程。

 

f:id:mexicorange:20181005155304j:plain

三門がCBの間や左側に下がり、左SH(バブ)を内に絞らせて河面が上がる、みたいなパターンもあり。状況みながら変えて行く感じですね。

 

ただ福岡戦では、大宮のビルドアップの要である大山にボールを出させない様にし、サイドでボール回収→カウンターみたなことをやられていたので、水戸も同様にしてくるか注目。

 

2CF対3CBなので、変にプレスかけてくるよりは同様の形取りそうな気はしますけど。

 

そもそも2CFに対して3CBにする必要あるのかなという。

 

f:id:mexicorange:20181005162349j:plain

バブンスキーに少し下がってもらって、河面がそのまま上がるとした方が、攻撃の組み立てやすさ的にも、カウンターくらった時の対策としても機能しそうなような。

 

この辺のやり方、前節の反省点をどう修正して来たかは、石井監督を信じるしかないですね。

 

3.注目選手

★大宮

f:id:mexicorange:20181005165102j:plain

まぁどうしても大前選手になってしまいますよね。点を取ることについても、試合を組み立てる面についても、今の大宮の中ではスペシャルな選手です。今のところ2試合連続ゴール中。

 

いて欲しい所にポジション取ってくれますし、ボール保持している時間帯、彼中心に崩して得点したいところ。3試合連続ゴール、複数得点目指して欲しいです。

 

因みにチーム20周年記念&大前20ゴール記念トレーナーも発売されます(欲しい)。

 

★水戸

f:id:mexicorange:20181005170231j:plain

伊藤涼太郎選手。去年浦和からレンタルしてます。

 

水戸が攻撃する際には必ず絡んできますし、シュートも打てる、パスも出せる、ドリブルも出来る。単純に上手いです。


伊藤涼太郎 プレー集 2018 1~25節 | 水戸ホーリーホック | Ryotaro Ito

 

 0-0とかのスコアで進行していくと、こーゆー選手にやられてしまいそうな気がしますので、早い内に1点欲しい所。(守備から入るみたいな情報もありますが)

 

4.予想スコア

大宮2ー0水戸

 

まぁ間違いなく守備は整理してくるでしょうから、不要なミス、気の緩んだプレーはなしで、最後まで集中して無失点、大前の2ゴールで勝利。

 

残り試合全勝するために勢いつけたいので、次の試合に繋がる展開を期待したいなと思います。 

 

5.終わりに

町田は未消化2試合残しているので、自動昇格するためのボーダーラインは松本になるかと思います。

 

現在、松本が65pt、大宮が57pt。明日いれて残り7試合で8pt差。厳しくもありつつ、けどもしかしたらまだ分からないというギリギリのライン。

 

ただ、これ以上離されるようだと、事実上自動昇格圏はないということになろうかと思います。

 

また、プレーオフ圏内もかなり熾烈ですし、一戦たりとも油断出来ない状況です。

 

今一度、チームに関わる全ての人が一丸となって、スローガンであるONEになって、最後まで諦めずにそれぞれの役割を全う出来れば、最後良い結果がついてくるんじゃないかなと思います。

 

明日も勝ちましょう。

 

以上