Match Day

Match Day-改-

No football No life

Match Day 37 栃木戦レビュー

f:id:mexicorange:20181014151617j:plain

(結果)

大宮1-0栃木

 

見事2連勝。今この記事書いてる時点では4位です(笑)

 

ただ、今節は上位陣が順当に勝ちそう。問題は町田対大分、現在2-2、これも終わる迄どうなるか分からないです。ここが引き分けに終わるようだと良いのですが。

 

今節の大宮ですが、点数こそ1-0とボール保持率60%を維持した割にはというところなので、不安に感じる方もいるかなぁと思います。

 

ただ個人的に内容自体は非常に満足しています。時間帯でいえばPK外した後、結構圧力かけてこられた65分から80分くらいかな、心配したの。

 

クソうるさいヤジは終始聞こえてきましたけどね(苦笑)

 

ここ数試合の課題をある程度克服し、ゲーム自体は前述の時間帯を除いて完全に支配出来ていたと思います。

 

1.ハイライト


【公式】ハイライト:大宮アルディージャvs栃木SC 明治安田生命J2リーグ 第37節 2018/10/13

 

今節は富山が先発ではなくシモヴィッチからのスタートでした。

 

こちらのボール保持する時間帯が長くなる(=ハイプレスする機会が少ない)のを見越しての采配・・・と信じてます。

 

ただここ数試合、富山じゃない誰かをスタメンにしようとする意図は感じますよね。

 

で、そうなると今シーズン最初に見られたシモヴィッチ戦術(とりあえずシモヴィッチにボールを放る 笑)をするのかと思いきや、

 

 

こうして、シモヴィッチに楔を入れてフリーの選手を上手く使うというシーン、ちょいちょい見られたので、これだけで少し満足してました(笑)

 

シーズン終盤の一番大事な時期に、ようやくシモヴィッチがハマる時がきたのかもしれません。やはり居るだけで脅威ですし、得点力については言わずもがな。

 

後半、相手が前掛りになったところで富山投入。裏取ったり、プレス掛けたり・・・うん、ザックリした感想ですがいい感じだと思います(笑)

 

富山とシモヴィッチを上手く使い分け出来るようになれば、戦い方の幅も広がると思いますし、この点は非常に収穫があったかなと。

 

2.良かった点

 

また、栃木がプレスを掛けてきた場合、SB、DH、SH、FWが上手く連動して回避する様になってました。

 

この辺は直近の試合を受けての対応なのかと思います。

 

因みに、プレス掛けて来ないとなると両方SBが高い位置をとって、三門もCBと上がったSBの間を取る様なポジショニングになってましたね。

 

このお陰でパスコースが出来て、極端にボールを戻す、或は奪われるというシーンは少なくなったかなと。

 

この動画のシーンに関しては、茨田の貰い方も良いですし、大前なんか途中まで存在を消してるかのような動き、位置取りをしていて、良い崩し方だなぁと思って見てました。

 

 

あとは、こうしてシンプルにWBの裏を狙う形もちらほらと見られました。

 

シーズン終盤になって、カウンターの精度もだいぶ高まって来た印象。

 

これは今シーズン積み上げてきた部分なんじゃないかなと思います。

 

 

これも②の動画と同様、上手くプレスを回避しながら、ボールを回して相手を動かすっていうのを実現出来ていたシーンかなと思います。

 

大前が「アキー!!怒」つってブチ切れてますけど(笑)

 

もう少し前のタイミングで欲しかったんかなと思います。

 

3.悪かった点

が、あまり思いつかないんですけど(笑)

 

ただ、じゃんけんPKはあまり良くはないですよね、やっぱり(笑)

 

あれが決まってれば、相当楽に試合進めることが出来たでしょうし、その後大黒に決められそうになってた事考えると、今後は大前に確実に決めてもらいましょう。

 

4.大山さん

 

 

さて、大山さんですが、試合全体通してみれば上手くコントロールしてくれてたんじゃないかと思います。

 

その中で、動画の様に効果的なパスも出せてました。今後、こうしたパスを出す頻度が増えれば、当然チャンスは増えて行きますので期待したいところ。

 

個人的には残り試合、大山がキーマンになるんじゃないかと思います。

 

やはり彼にボールが入る入らないで試合展開が全然違う様に感じました。

 

次節も頑張ってくれ。

 

5.課題

課題としては追加点。

 

栃木はかなり堅くきてたので、繰り返しになりますが点を取れるところでしっかり取らないと(PKのシーンね)。

 

特に今年は平均1失点はしているので、もはや2点はマストなんじゃないかと。

 

ここから大きく何か変えることは難しと思いますので、今節良かった点の精度を高めて貰えれば、3点くらい取れる戦力はあるハズなので、残りラスト5試合頑張って欲しいです。

 

6.終わりに

この記事書いている間に町田対大分戦終了、3-2で町田勝利。

 

大分との差は詰められましたけど、また町田が勢いに乗りそうな感じで嫌ですね。

 

今節も5位フィニッシュですかね。一応、自動昇格圏とは3pt差となりました。

 

ただ、町田は未消化2試合残し、ここから2週連続でミッドウィークに試合があり、4試合こなす予定。

 

なので、10月終わらないと何とも言えない状況であるかなと思います。

 

少なくとも大宮は勝つ以外無い。次は横浜です。

 

横浜には前回対戦時完勝でしたが、横浜もあの時より調子を上げて来ているので、それは忘れて気を引き締めて挑まないとならないかと思います。

 

幸いチームの状況も良くなってきて、キャプテン菊地も戻ってきそう。期待したいです。

 

来週も勝ちましょう。

 

以上